種類

カードを利用した料金支払いの方法にはいくつか種類が存在する。

一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス一括払い等が存在し、カード会社によって取り扱っている支払い方法にも違いが存在する。

一括払いは文字通り、カードで支払いをした金額を一括で支払う方法である。一括であるため大きな買い物をした場合には、支払う額も大きくなるが、その分利息なども発生しないというようなメリットもある。

分割払いは、支払額を分割回数で割った金額に利息を上乗せして支払う方法となる。支払額を分割する事で一度の支払い額は小さくなるが、総額にした場合には、購入した物の料金に利息を上乗せした額になる。

リボ払いは、予め決めた月々の返済額で料金を支払うという方法である。分割払いでは、回数で分割するため支払い料金が購入する物によって違っているが、リボ払いの場合は決めた金額の返済になるので、そうした問題が解消される。しかし、リボ払いで返済額を小さく設定している場合では、完済までに長い期間が必要となり、利息がその分増大してしまうというリスクも秘めている。

ボーナス一括払いは、ボーナス月に請求が来るようになる支払い方法である。ボーナス月まで返済請求がなくなるというメリット以外は一括払いと同じ支払い方法である。

カード

高価査定&即日振込!クレジットカードの現金化なら業界実績ナンバーワンのこちらを利用しましょう。

商品の購入やサービスを提供してもらう場合、商品やサービスの価格分の料金を支払うという必要がある。

現在の日本では、その支払いの方法にはいくつか選択肢が存在あり、そしてその1つの方法としてクレジットカードが存在するのである。

クレジットカードには、利用可能枠という物が存在する。利用枠は総利用枠、ショッピング枠、キャッシング枠というように大きく3つに分類することが可能である。

総利用枠とはそのクレジットカードを用いて利用する事が出来る金額の限度総額である。限度総額を越えてのクレジットカードの利用は不可能である。

そして、ショッピング枠とキャッシング枠にもそれぞれ限度額というのが設定されている。ショッピング枠では、商品購入やサービス提供を受ける際の支払いに利用する枠である。キャッシング枠は無担保、無保証人で現金を借りる際に利用する枠である。

それぞれの枠の利用可能範囲内であれば、自由に支払いや借り入れを行う事が可能となっている。


クレジットカードの利用用途は、一般的に商品購入代金の支払いに利用される。

大きな買い物であったり、現金が手元にない場合であってもクレジットカードで支払いが可能であるため、大金を持ち歩くという必要がなくなるのである。クレジットカードには大金を持ち歩くというリスクから身を守るという事も可能なのである。

カードでの支払いが出来ないというような場合であっても、キャッシング枠を利用し現金を借り入れて支払いに備えるという事も可能である。

更に、現在ではカードの現金化も可能となっている為、その利用用途と言うのは幅広くなっている。